事故です!

憧れのバイクを購入して2カ月弱、早くも、憧れのバイクとの生活は終了となりました・・・

 

先日ツーリングの帰りに事故に遭ってしまい、自分は右足を骨折、バイクも原型はとどめつつも、いろいろと破損してしまいました。
歩ける状況ではないので、バイクの破損状況は確認できてないですが、おそらく全損扱いになるでしょう。
バイクがすごく楽しくて、「これはもう一生モノの趣味だ!」と思い、予算的に無理して買ったBrutaleなので、保険だけでは修理費が賄えなければ、もう手放すしかないです。
ただ、右足骨折だけで済んだのは不幸中の幸い、死んでしまってはなにかも終わりですからね。

事故の状況
自分は交差点を黄色信号で直進。相手は対向車線から右折という状態でした。
車載動画を撮っていたので、その映像を警察に提出、結果、双方に責任ありという結論でした。
過失割合などについては、まだ話し合いが行われているのでわからない状態です。
相手が車で、運転手の方に怪我がなかったのは幸いでした。

装備品について
自己った時の装備品です。

ヘルメット

ジャケット

グローブ & 膝プロテクター

ジーンズ

バックパック

 

見ての通り、装備品はほぼ無傷・・・。
唯一右ひざのプロテクターがダメージを受けていましたが、ここから車にぶつかったので、ちゃんと膝を守ってくれたみたいです。

ぶつかって飛ばされたとき、右足ですべての衝撃を吸収してしまったようで、骨が折れた代わりに装備品がほぼ無傷という・・・

どうすれば事故は防げたのか?
今回の事故だけでいれば「黄色信号で止まれば防げた」となります。自分は後ろからの追突が怖くて、黄色でもそのまま行ってしまうことが多かったのですが、その走り方が裏目に出てしまったようです。
でも、もし青信号で直進していたとしても、相手はこちらをきちんと認識して止まってくれたのだろうか? そんな考えが頭から離れません。

最後に
・事故っても何もいいことはない。
当たり前ですが、事故っても何もいいことはありません。怪我で体は痛いし、バイクはなくなり、大切な趣味も失い、周りに迷惑をかけ、天気が良くても外にも出れず、そして気持ちも沈むので何をやっても楽しくありません。
保険金でがっぽがっぽなんて迷信です。最低限、治療費は出るだけです。

・装備品はきちんとしておく。
今回はバイクの右側が車と接触しました。右ひざのプロテクターが大きくずれていたので、この部分が接触したようですが、幸い膝にけがはありませんでした。バイクで事故ると飛ばされてしまうので、体のどこにダメージを受けるのか予測は難しいと感じました。
装備をきちんとしておけば、どこから地面に落ちても、ある程度ダメージは防げると思います。バイク用エアバックや、BOBLEBEEのような、背中を保護する機能を持つバックパックなんかも有効かもしれません。

・ドラレコはつけておく。
救急車の中で、交通課の人に言われたことが、「あんたが赤信号で交差点に進入したんでしょ」というものでした。けがで苦しい中、こんなことを言われると悲しくなります。
交通事故が起こった時、バイクの時が一方的に悪く見られてしまうのでしょうか・・・
自分はツーリング中にアクションカムで動画を撮っているので、この時もアクションカムの映像を警察に提出し、結果、黄色信号での侵入が確認されました。
目撃者や当事者の証言よりも、正当な評価の判断に利用できると思うのでドラレコはあったほうが良いと思います。

今後
しばらくバイクは控えようかと思います。お金の問題もありますが、何より気持ちの整理がまだついていないので。
ただ、バイク自体は好きなので、メーカー試乗会など、クローズドな環境でバイクに乗れる機会があれば参加してみたいと思います。

このブログを見て、誰か一人でも安全運転への意識が高まれば幸いです。