790Dukeでほったらかし温泉へ

山梨県のほったらかし温泉へ行ってきました。 公式ページはこちら

出発は夜2時!

ほったらかし温泉は、日の出1時間前より入浴可能だそうで、それならば、なるべく朝早く着くように夜中の二時に出発です。 自分の家から温泉までは片道約3時間の道のりでした

道の駅どうし 星空がとてもきれいだったが、いい写真は撮れず

ほったらかし温泉到着

ほったらかし温泉の雰囲気はこんな感じ。 結構上り路が続くので、温泉からの眺望は素晴らしいの一言

enter image description here enter image description here

温泉以外にも、朝ごはんが食べられたりします 無料休憩室もありますが、自分が行ったときは朝が早いためか、仮眠室と化してました。

enter image description here enter image description here

道の駅 甲斐大和にて休憩

帰りは甲斐大和にて軽く休憩。まだお店が開く時間ではないため、何も買い物ができなかったのは残念

enter image description here enter image description here

790Dukeは意外と優れた燃費だった

今回燃費は25Km/Lくらいでした。790Dukeのタンク容量は約14Lと若干少なめですが、これくらいの燃費であれば、まぁまぁ許容範囲ですね。 車体も軽くてよく走るので、ツーリング用とでも大きな不満なく使っていけそうです。

ほったらかし温泉 まとめ

ほったらかし温泉は「あっちの湯」「こっちの湯」の2つに分かれており、それぞれで入浴料がかかります。 ホームページを確認すると、日の出1時間前にオープンするのは「あっちの湯」とありましたが、今回は朝6時時点で両方とも入場可能になっていました。(休日のためかもしれません) また、朝早くから多くの方でにぎわっていて、朝6時時点でバイク、車の駐車場が半分ほど埋まっていました。

温泉に行くには「フルーツ公園」の中を突っ切るような道順になるため、初見だとわかりにくいかもしれませ。 事前にルートを確認していったほうが良いですね。

温泉よし、眺望よし また行きたい温泉

眺望、温泉ともに文句なく、また行きたい場所になりました。 今回のように夜中出発、午前帰宅のツーリングもいいものですね。 たっぷりバイクで遊んだのに、家に買ってきてもまだ半日時間があると思うと、かなり贅沢な休日を過ごした気持ちになります